滋賀県の地域一覧

滋賀県ってどんなところ?

滋賀県は、大津市を県庁所在地とした、近畿地方の北部に位置する県です。人口は2021年12月時点で1,412,295人、個性豊かな21の市区町村があります。滋賀県は名産品には、鮒寿司、彦根市の赤こんにゃく、近江牛、クラブハリエのバームクーヘン、近江八幡市のたねや最中、長浜市の焼鯖そーめん、伊吹そば、ワカサギ昆布巻、鮎の子持ち甘露煮などがあります。 県の中央部には、県面積の約6分の1を占める滋賀県のシンボル・琵琶湖があります。県内のほぼどこからでも見渡せるびわ湖の美しい景観と県全域に広がるのどかな田園風景は、古来より「琵琶湖八景」や「近江八景」と呼ばれおり、その景色の素晴らしさを見に、全国から観光客が集まります。 また滋賀県は、交通の要衝としての役割も担っており、文化・経済の先進地として栄えてきました。県中央部には石山寺や滋賀院門跡、三井寺や園城寺、近江神宮、日吉大社といった寺社仏閣が多くあり、建築物の国宝・重要文化財の指定は全国3位で、豊富な文化財を保有しています。また大津市のランドマークである比叡山にある「比叡山延暦寺」は世界文化遺産に登録されています。県北東部には、長浜市の黒壁スクエアや彦根城、滋賀農業公園ブルーメの丘、伊吹山、忍者や信楽焼が有名な甲賀エリア、水郷と古き商家のたたずまいのある近江八幡などの観光地が有名です。県北西部には、白鬚神社の水中鳥居、高島市のメタセコイア並木、滋賀県を一望できるスキー場びわ湖バレイ、方言は近江弁があります。

滋賀県の対応エリア

大津市/湖南市/野洲市/甲賀市/高島市/栗東市/東近江市/守山市/米原市/蒲生郡/彦根市/愛知郡/長浜市/犬上郡/近江八幡市/草津市

 

滋賀県の主要な駅

滋賀県は、JR東海道本線が通っているため京都・大阪・名古屋にも出やすく、交通網が発達しています。滋賀県内で最も利用者が多いのはJR西日本・東海道本線「南草津」駅です。近隣に立命館大学びわこ・くさつキャンパスがあることから若者の利用者率が高いです。その他、利用者が多い駅はJR西日本・東海道本線の「草津」駅、「石山」駅、「近江八幡」駅、「瀬田」駅です。滋賀県ならではの区間として、「京都」~「長浜」駅間を走る「琵琶湖線」があります。琵琶湖の東側を走る区間であり、特に滋賀県内でも利用者が多いのが特徴になります。

 

滋賀県にある老人ホームの費用

滋賀県に限らず、一般的な老人ホームでは、入居金と月額費用がかかります。それぞれの相場に関してご説明します。
それぞれの介護施設や老人ホームの立地や施設の設備の充実度、24時間の看護体制かどうか、その他食事や日常生活でのサポート、医療サービスの充実さなどによって価格が変動しますが、滋賀県全体の相場に関してご説明します。

 

入居金

老人ホームの入居金とは、老人ホームの入居時にかかる費用のことです。
全国的に、老人ホームに入る際に必要となる費用の相場は、0円のところから、数千万円かかるところまで多岐にわたります。

 

月額費用

老人のホームの月額費用とは、月々にかかる介護サービスや食費、日用品の費用などです。
入居金のように一度だけ支払う費用ではなく、毎月決まった金額を支払うことになります。

 

滋賀県の老人ホームの特徴

兵庫県の老人ホームの特徴は、比較的安価に利用できるところにあります。滋賀県介護施設等開設準備経費補助金交付事業や滋賀県地域密着型サービス施設等整備費補助金交付事業といった行政の補助事業があり、老人ホームや介護施設の運用がしやすくなっていると言われています。

 

滋賀県で低価格プラン有りの老人ホーム・介護施設特集

滋賀県で低価格プラン有りの老人ホーム・介護施設をまとめました。ぜひこちらからも一度ご覧ください。

 

入居費用が安価な老人ホーム

滋賀県内で入居費用が安価な老人ホームをご紹介します。こちらよりご覧ください。

 

月額費用が安価な老人ホーム

滋賀県内で月額費用が安価な老人ホームをご紹介します。こちらよりご覧ください。